DEE EP / MUTA (JUMANJI)

MUTA(JUMANJI) / DEE EP



JUMANJIとして2019年に1st ALBUMを発表し、更に活動のフィールドを広げたMUTA。リリースまでの3年半を過ごしたタイでの生活が彼の音楽やラップスタイルに与えた影響が6曲入のEPという形で具現化。"DEE (ดี)"はタイ語で”GOOD”という意味。MEJIRO ST. BOYZと共にULTIMATE GOOD LIFE CREWとしても活動するMUTAのasian niceを深く味わえる一枚。

客演には同年発表されたAlbum『渇望の翼』でシーンに無二の存在感を示したVito Foccacio、お馴染みJUMANJIからRENA&DICE、そしてかつてYoung Drunkerとして共に活動した盟友BACCASが参加。

プロデュースにはタイ・バンコクと東京で二つの会社を経営する実業家でありながら自身も映像やビートのクリエイターとしての一面を持つAktz、JUMANJIのDJ/メイントラックメイカーで、エンジニアとして仙人掌『BOY MEETS WORLD』にも参加したYAB。言わずと知れたFla$hBackSのメイントラックメイカーで近年のソロ作も音楽的進化が止まらないJJJ、VOLOJZA率いるVLUETENT RECORDSに所属しながらタイに在住し、数々の国籍や人種をクロスオーバーし勢力的に活動するQuestion.SeQが参加。

カバーアートはタイでの生活をMUTAと約二年共有し、その後ドイツ、チェコといったヨーロッパ諸国や地元大阪を拠点に日本全国においても活躍するタトゥーアーティスト、ame(SECURITY BLANKET)による描き下ろし。

PROFILE:

2019年、1ST ALBUM 『DAWN』が話題になった小江戸川越のHIPHOP crew ”JUMANJI”の発起人=MUTA。2008年にYoung Drunkerの一員としてデビューして以来、東京都内を中心としたHIPHOPシーンで活動し続ける。2010年代前半はFla$hBackSのFEBBが全曲プロデュースした1st EP『MUTAEP』や、jjj,仙人掌といった身近なスターラッパーを客演に迎えたミニ・アルバム『UMAT』を発表したが、その後ライフスタイルを見つめ直す機会を求めて東南アジア・タイに移住。新型コロナ禍におけるタイでの隔離期間をQuestion.SeQのトラックと共に切り取った前作『DISTANCE』と時系列を前後して、1人のアジア人ラッパーとしてのスタイルを今作『DEE EP』においても提示する。

1. Intro- let it be -

2. Oregano pro.Aktz

3. ドリアンの風 ft.Vito Foccacio pro.AutumnBay

4. Sunspot ft.RENA&DICE pro.YAB

5. JPYTHB ft.BACCAS pro.JJJ

6. sutasuta pro.Question.SeQ

Mixed&Mastered by YAB
型番 JMJMUTA
在庫状況 残り2 です。
販売価格
2,200円(税込)
購入数